CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
HONOBONO HIBI
BOOK LOG

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS

dd.. blog

どうしても引きずられる
あっという間に時間が過ぎるなぁ。
続きを読む >>
| そこの裏側 | 22:03 | comments(0) | web clap |
非生産的なこと。
それも時は必要だと思う。
落ち込んでみて
そこからずりずり這い上がってくれば。


落ちっぱなしじゃしょうがない。
周りからいくら発破かけられようが
放っておかれようが
結局は自分の意志。
続きを読む >>
| そこの裏側 | 01:30 | comments(0) | web clap |
お久しぶりです。
生きてます。

2月から部署内の担当の仕事がちょっと変わるので
1月中旬から引継ぎ〜とかなんとかやってたら
なんだかいきなり、部署自体が変わってしまって
2月はあたふたしたまま気づいたら3月中旬でした。

いきなりこの時期に異動って、結構めんどいなぁと思ったり。
1年間毎月集計したものを、確認・修正作業。。
今までの10ヶ月近くは関わっていなかったのだから
その10ヶ月間努力、工夫しようがないわけで。
なんとなく、貧乏くじ引いたみたいな気分。
同じ部署の子も10月から入った子で、且つそのときに初めてできた部署なので。。(笑
ふたりで話し合いつつ、苦労しつつ試行錯誤の毎日。



何とはなしに、自分がふらついてます。
いろいろ。
自信がなかったり。
落ち込む時期なのでしょうかねー。

ぐんにょり。



ぼちぼち更新再開しようと思います。
デジカメの中に撮りっ放しの写真がいっぱい〜。
| そこの裏側 | 22:19 | comments(2) | web clap |
ねぇ?
おしゃべりがしたいよ

おんなのことさ
くだらないことで何時間も語り合ったり
恋愛の愚痴を言い合ったり

おしゃべりがしたいよ
続きを読む >>
| そこの裏側 | 00:58 | comments(0) | web clap |
号泣。
泣いて
泣いて泣いて
泣きまくった日。

別に1日中泣いたわけじゃないけれどw

あぁ
私は話したかったんだ
誰かに後押しして欲しかったんだ
自分で一生懸命客観視して分析した自分を
誰かが本当に客観的にそれでいいよって
後押しして欲しかったんだ

泣きじゃくって気持ちを吐き出した後に
ようやくそんなことに気付いて

すっきり。。したのかな。


やっぱり だったのは
私が話そうって思って話し掛けたこと
相手には伝わってなかったみたい。
そんなの気付かなかったよ?って言われた;
自分でも自覚してるけど
たぶん話すのが下手なのかもしれない。
相手が話し出すと聞く体制に入る。それが自分の中で自然体。

私にとって「聞く」という行為はものすごい楽で
きっと「話す」という行為から逃げていたんだと思う

いい意味でも悪い意味でも
誰かに「話す」と実感が湧いてくるものだから さ。
| そこの裏側 | 21:12 | comments(0) | web clap |
久しぶり。。
結構自分のお馬鹿さ加減に呆れること多いよね?
続きを読む >>
| そこの裏側 | 21:04 | comments(0) | web clap |
押し殺す。
気を使われてる
と感じる時。

色々なことが急激に動いて
でもうまくは回らなくて
1日がちぐはぐになった日。

ようやく家に辿り着いて
予定通りに行かなかったせいで散らかしっぱなしの部屋で
それを思い出してどんよりする

結局自分の責任なのだけど
予想外の事態に弱い自分自身

既に帰っていた父親が
予想外の事態でそうなったんだって察したのか
気を使われている気がした


普段なら食べ始めている時間に
夕飯も作ってない状況で
いいから外食しようと言われてついていく

まだ帰宅していない母親が帰ってきてから
また愚痴を聞くのは私の役目かと

何もかもどうでもよくなってきて
素直に見られなくなってる自分が一番嫌い。
| そこの裏側 | 14:45 | comments(0) | web clap |
0か10か。
10くれなければ全部いらない
続きを読む >>
| そこの裏側 | 22:44 | comments(0) | web clap |
きえてなくなるきぶんは
自分で自分を終わらせる勇気はないから
いつのまにか自然に消えてしまわないだろうか

そんなことを思って過ごしてた

何故だかわからない
けど、毎日毎日そんなことばかり思って
結局終わらせる勇気もないんだ私は
なんて再び変なところで落ち込んでみたり


自分なんていてもいなくても変わらないんじゃないか
そう思って考えてみると
恋人だって友人だって
私じゃなくて代わりが沢山いるかもしれない
そうだ、私よりいい人が沢山いるかもしれない
と馬鹿なことを思いついてた

代わりがいない っていうのは
考えて考えていくと哲学のように混乱しそうだけど
今の私自身を必要としてくれて慕ってくれて
認めてくれる人は周りに沢山いる
それは馬鹿な私でも感じられること。

今の自分を大切にして
私を必要としてくれて
そんな代わりとかこれからのことなんて
どうなるかわからない。

結局自分で自分を信じて
しっかり立たないと駄目なんだから。
| そこの裏側 | 19:59 | comments(0) | web clap |
1 / 1